TAMASHII NATIONS PRESENTS シネトイ魂!

レビュー「S.H.Figuarts IG-11(STAR WARS:The Mandalorian)」

2020.05.28

スター・ウォーズ初の実写ドラマシリーズ『STAR WARS: The Mandalorian(マンダロリアン)』より、物語の名バイプレーヤーである「IG-11(イレブン)」が、主役の「ザ・マンダロリアン」「ザ・チャイルド」に続いてS.H.Figuartsに参戦!ドロイドでありながら賞金稼ぎ、そして物語後半では……?という、個性豊かなキャラクターを再現した仕様とプレイバリューを、撮り下ろし画像にてお楽しみ下さい!

『STAR WARS: The Mandalorian(マンダロリアン)』とは

帝国が崩壊した後の物語。 銀河には中央政府が存在せず、始まったばかりの新共和国の法も銀河の辺境の開拓星には届かない。人々は自分の身は自分で守るしかなく、無法者たちは誰からも干渉されずに独自のルールで生きていた。そんな時代にバウンティハンター(賞金稼ぎ)として生き、苦闘する一匹狼の凄腕ガンファイター、マンダロリアンの姿を描く。
『スター・ウォーズ』シリーズ初の実写連続ドラマとして、ディズニー公式動画サービス「ディズニーデラックス」にて配信中。
※当記事は本編シーズン1(チャプター8:贖罪)までの内容を含んでいます。

「S.H.Figuarts IG-11(STAR WARS:The Mandalorian)」レビュー

  • レビュー「S.H.Figuarts IG-11(STAR WARS:The Mandalorian)」
  • レビュー「S.H.Figuarts IG-11(STAR WARS:The Mandalorian)」
  • レビュー「S.H.Figuarts IG-11(STAR WARS:The Mandalorian)」

感情を全く感じさせない頭部、細長い棒のような手足のシルエット、と異色の存在感を放つ「IG-11」。一見すると作業用ドロイドとも思える無骨さですが、マンダロリアンと同じ「賞金稼ぎ」という異質なバックボーンを持ち合わせているキャラクターでもあります。
S.H.Figuartsは全高約190mmとやや大きめで、同シリーズ・別売りの「ザ・マンダロリアン」(全高約150mm)との身長比も再現されています。

  • レビュー「S.H.Figuarts IG-11(STAR WARS:The Mandalorian)」

むき出しになった関節部や胴体の機器類など、ディテールもパーツ分けによって細部まで緻密に再現。その上から塗装で錆と砂塵にまみれた質感を表現しています。ひざ等から伸びているチューブには一部軟質素材を使用し、ひざを曲げた角度によってたわみが生まれるのもポイントです。

  • レビュー「S.H.Figuarts IG-11(STAR WARS:The Mandalorian)」

「IG-11」が得意とする戦闘スタイルは、関節を回転させあらゆる方向へと銃撃を浴びせるという人間には絶対不可能なもの。本編を観て、あの無機質な動きから生まれる圧倒的な強さに驚いた方も多いのではないでしょうか。S.H.Figuartsでは、上画像の青い箇所の軸を180度回転させることで劇中のような「正面と背面のスイッチ」を再現することが可能。腕・足首・腰はもちろん、胴体のベルトを外すことで胸も軸回転させることが出来ます。

  • レビュー「S.H.Figuarts IG-11(STAR WARS:The Mandalorian)」
  • レビュー「S.H.Figuarts IG-11(STAR WARS:The Mandalorian)」

「IG-11」の特徴的な頭部にもギミックを搭載!頭部は4つのパーツから構成され、各部分を水平回転させることが出来ます。角度によって不思議と「恐ろしさ」や「優しさ」といった感情が感じられるのも、「IG-11」の魅力のひとつでしょう。
また、首の基部(上画像青い箇所)にもロール可動があり、首を大きく前後に振る動きもつけられます。

  • レビュー「S.H.Figuarts IG-11(STAR WARS:The Mandalorian)」
  • レビュー「S.H.Figuarts IG-11(STAR WARS:The Mandalorian)」
  • レビュー「S.H.Figuarts IG-11(STAR WARS:The Mandalorian)」

専用の手首パーツを使用することで、付属のライフルとブラスターを持たせられます!関節がむき出しになっているデザインも相まって、2丁の銃を身体の前や水平に構えるポーズ、上半身と下半身を真逆に捻ってのポーズもお手の物。狙いを外さない精密射撃のポーズが次々とキマります。

  • レビュー「S.H.Figuarts IG-11(STAR WARS:The Mandalorian)」

さらに胸パーツの差し替えで「自爆ボタン」が露出した状態に……!
ザ・マンダロリアンやザ・チャイルドを救う鍵となった”メーカープロトコル”は、もちろんS.H.Figuartsでも搭載しました。ファンなら見逃せないポイントです!

  • レビュー「S.H.Figuarts IG-11(STAR WARS:The Mandalorian)」
  • レビュー「S.H.Figuarts IG-11(STAR WARS:The Mandalorian)」

このアイテムは、本体だけで遊べるだけでなく別売りの「S.H.Figuarts ザ・チャイルド」が入れられるバックパックパーツが付属するのも特筆すべきポイントです。バックパックパーツは「IG-11」の首から下げられ、再調整によってナース・ドロイドとなった「IG-11」と、可愛らしい「ザ・チャイルド」の組み合わせが楽しめます。
(製品版は「IG-11」の胴体のベルトを外してバックパックを装着できます)

  • レビュー「S.H.Figuarts IG-11(STAR WARS:The Mandalorian)」
  • レビュー「S.H.Figuarts IG-11(STAR WARS:The Mandalorian)」
  • レビュー「S.H.Figuarts IG-11(STAR WARS:The Mandalorian)」

単品での完成度の高さも追求されていますが、別売りのS.H.Figuarts『STAR WARS: The Mandalorian(ザ・マンダロリアン)』シリーズと並べることで一段と輝きを増すのが、この「IG-11」とも言えます。前述のようなバックパックパーツ装備はもちろん、冒頭でのマンダロリアンとの共闘、ベスカーアーマーを手に入れた彼との再会と友情、そしてザ・チャイルドとの別れ……など、数々の名シーンを蘇らせたり、「もしかしたらこんな場面もあったかもしれない」と想像を膨らませてみたり、フィギュアならではの遊び方は無限大です。

「S.H.Figuarts IG-11(STAR WARS:The Mandalorian)」は5月28日(木)から魂ウェブ商店で受注開始!

※画像は試作品を撮影したものです。実際の商品とは異なります。
※記事内の各S.H.Figuartsはそれぞれ別売りです。詳細は作品別商品一覧をご参照下さい。

RELATED ITEMS

※画像は掲載している写真は開発中の試作品やイメージを含みます。実際の商品とは多少異なる場合があります。
※記事内の情報は公開時点の現在のものです。掲載内容は予告なく変更になる場合があります。
※本サイト内の記事は予告なく掲載が終了する場合があります。

Cookie Settings